2010年06月28日

浮動的な客層が意識せずに来店する裏原宿

裏原宿(うらはらじゅく)、通称裏原(ウラハラ)は、東京都渋谷区神宮前から同区千駄ヶ谷までの一帯に広がるファッション洋品店の総称。だいたい渋谷川遊歩道(通称キャットストリート)に面して店構えをしている。 JR山手線原宿駅から一旦明治通りを渡り、川に向かって坂を下るして、またお店の構造も一般の民家と大きな違いはない。前面道路が狭小であることから目に付くのを拒否している雰囲気のために、原宿の全国に名を知られていた洋装店の都市と区別するために"裏"原宿という。 特徴販売員のご購入のお客様との区別が表示さ難しい。また、看板のない店も少なくないし、(外の入口の床にショップの刻印が小さく設計されているなど)、積極的な販路の上にも見ることができない。地下に店舗を置いているところも多い。そのため、外部から見ても、彼らが店舗のかわからないことがある。入口出口が複数の店舗が多い。浮動的な客層が意識せずに来店することができ、退出することができる目的がある。購買層が10代20代が中心である以上、他人の干渉を好まない若者気質をよく把握している。アウトレットモールのように販売する手法であり、最近10年程度なのかの経緯が全国的に注目を集めている渋谷系。 千葉県柏市の"裏柏"などの若年層が多くの地域に広く応用されている営業形態でもある。元の建物のファッションビジネスに飽きて些細な抜本的なデザイナーが製造販売する店舗形態の固有の色を出そうというのが必要である。商品もメディアで取り上げられるか、またはそのような情報を徹底的に無視する観点から選ばれており、政策の概念が非常に先行するものとされている。したがって、商学経済学などの研究対象としている人も多い。
posted by sakurako85448 at 11:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。