2010年07月06日

日本国内初のファッションショー

1927年9月21日、当時の銀座三越では、日本国内初のファッションショーが開催される。これは、一般的にデザインを募集ファッションショーでもあった。 また、日本橋にあった"白木屋"デパート(旧東急百貨店日本橋店の前身である旧発生した大規模な火災でも、和装の人々に被害が多かったことも一緒に、従業員の服装を西洋式に変更する百貨店が増加し、またはそれにならう形と大衆の服装の洋式化徐々に広がって行った。 1930年代後半から1940年代前半にかけては戦時体制により繊維衣服の統制が非常に進行し、また、デパート自体の売り上げが低迷していた時期もあった。 1945年の衣料品切符制度が採用され、国民服と呼ばれる統一規格の衣装が配分され、少数の配分の服を着ての生活を余儀なくされる。絶対量が少なかったため、和服をもんぺに作り替える者も多かった。 戦争により壊滅的な打撃を受けた日本は敗戦後、米国などの連合国の支援に頼ることになった。食料品など様々な材料の不足はもちろん、服も不足し闇市で入手することができない立場の大衆は、1948年からGHQの放出衣料品の古いスーツの着用を始める。戦争で開放感もあり、"占領軍ファッション"として中古アメリカ衣料への傾倒が発生した戦後の最初の流行感覚が生まれた。 ナイロンなどの化学繊維の制御を撤廃し、化学繊維を使用して、服を作って起動するのは1951年頃である。日本の繊維産業はすべて手探りの状態で、ビニロンやテトロン(ポリエステルの商品名)、レーヨンなどの化学繊維の開発、生産を開始した。
posted by sakurako85448 at 14:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。